アクアブルー水辺 トルコ パムッカレ

 水のある場所、、、私の記憶に今も残る場所は、トルコの世界遺産、パムッカレです。パムッカレは石灰が棚田のように固まってできており、温泉になっています。温泉といっても足をつける程度ですけどね。現在はわかりませんが、私が行った時には観光客でも棚田の温泉の中に入ることができました。

 パムッカレは遠くから見た景色もきれいなのですが、棚田の中から見下ろすと、水の石灰成分が多いためなのは、はたまた棚田自体が石灰だからなのかわかりませんが、水の色がアクアブルーに見えるのです。自分の眼下にはアクアブルーの水辺が続き、石灰岩の白とコントラストがすばらしい、、、ため息がでました。私が行ったのは朝一番だったので朝日が当たっていましたが、きっと夕日なんかが当たっても、とっても綺麗なのだと思いました。トルコは会社の友人と二人で行ったのですが、女性がとても楽しめる場所でした。

 近隣のオススメスポットといえば、やっぱりカッパドキアですかね。当初、旅行のプランにはなかったのですが、添乗員さんが提案してくれて、現地で気球ツアーに参加しました。早朝5時ぐらいにホテルを出発し、気球に乗って朝日ののぼるカッパドキアを見る、、、というものでした。気球なんて、一生に一度乗るか乗らないかのものです。高さはかなりのものですが、怖さなんて全く感じないほどの爽快感!!朝日がのぼりはじめ、カッパドキアの岩が朝日に照らされはじめると、本当に言葉もなく見とれていました。母になった今、子供にも見せてあげたい景色だと思います。

コメントを残す