水本来の透き通る美しさ見られる忍野八海

 山梨県忍野村にある忍野八海は、透き通る水の美しさが見られる観光地として有名です。こちらでは、地下の溶岩によって何十年もの年月をかけてろ過された富士山の雪解け水が、湧水となって池を作っています。一番メインとなる湧池の他、鏡池、菖蒲池、底抜池、御釜池、出口池など、それぞれに名前が付いています。

 実際行って見てみると、とにかく水の透明度に驚かされます。透き通る美しさのある水とはこういうことかと知ることが出来ます。あまりに水に透明度があるため、晴れていると空の青さを反射してブルーがかった色に見えます。とても神秘的な水の風景を楽しむことができます。

 忍野八海は、いくつかの池があちこちにあるのですが、それぞれ違った雰囲気があるのが面白いです。出口池は、少し歩いたところにあるのであまり観光客もおらず、静かな雰囲気です。銚子池では、湧水がポコポコと湧いている様子が裏手の方で見られるので、面白いです。底抜池も御釜池も透明度が高くて、とてもキレイな水の景色が見られます。鏡池では、晴れていれば逆さ富士が見られます。

 以前から、水がキレイだと聞いていましたが、話を聞くと実際見るのとではだいぶ違いました。やはり、その神秘的な水の美しい光景を目の当たりにすると、何とも言えない感動があります。彼氏と一緒に行ったのですが、二人とも水の美しさに心奪われてしまいました。季節によってまた違った風景が見られるので、何度行っても楽しめる場所だと思いました。

 また、忍野八海がある忍野村では、フライフィッシングの聖地でもありますし、ハイキングを楽しむこともできます。村自慢のトウモロコシやそばを食べるのもお勧めです。

コメントを残す